コラム一覧 | 伊達公子 公式サイト

COLUMN

2012.12.04

コラム

満面の笑みで2012年、最終戦を終える

「決勝で負けるのはとても悔しい。こんな思いをするくらいなら、初戦で負けた方が良かったのではと思えるくらいです」 ダンロップ・ワールド・チャレンジ(豊田市開催)の決勝で敗れたとき、クルム伊達は冗談交じ…
MORE

クルム伊達が見せた、勝負にかける「執念」と「信念」

2012.11.27

コラム

クルム伊達が見せた、勝負にかける「執念」と「信念」

「もう日本人選手が残っていないので言いますが、臀部の状態はかなり悪かったんです」 そうクルム伊達が明かしたのは、3回戦の奈良くるみ戦後のことである。 ダンロップ・ワールド・チャレンジのクルム伊達は…
MORE

2012.11.15

コラム

ラストスパートではない、新たなチャレンジへの序章

今シーズン、残り2大会――。規定の枠に収めて言うなら、そういうことになるのだろう。だがテニス選手にとっての新シーズンとは、1月1日よりも早くに既に幕を開ける。クルム伊達にとり今季最後のトーナメントとな…
MORE

2012.11.13

コラム

並み居る難敵たちを退け決勝へ

追い込まれたときほど、驚異的な集中力と勝負強さを見せる――そのような、クルム伊達のアスリートの資質と魅力が、このシーズン終盤に来て発揮された。今年から発足した新カテゴリー“WTAチャレンジャー”のイン…
MORE

新たなチャレンジ始まる、台湾からインドへ

2012.11.06

コラム

新たなチャレンジ始まる、台湾からインドへ

今年から“WTAチャレンジャー”という新たなカテゴリーとして始まった台湾トーナメント。その新大会の初代女王を目指したクルム伊達の挑戦は、3回戦で19歳のムラデノビッチに阻まれた。 初戦から苦して…
MORE

2012.10.29

コラム

勝利という2文字の前に立ちはだかった1本のショット

クルム伊達にとっては、上位進出を果たしたい大会だった。 昨年は、ランキングが3桁に落ちる苦しい中で同大会に参戦し、執念で優勝をもぎ取り復調のきっかけをつかんだ。「自分のテニスが取り戻せた」、そう喜ん…
MORE
  • 1
  • 2

CATEGORY

archive

  • Related News
  • Official Blog
  • Official facebook
  • Related News
  • Official Blog
  • Official facebook